kotlin-stdlibの依存関係をgradleに書く必要はなくなりました

Android StudioでKotlinのプロジェクトを作成すると、build.gradleにデフォルトでkotlin-stdlibdependenciesが追加されています。

dependencies {
    implementation "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version"
}

このdependenciesの記述、Kotlin 1.4.0以降は不要のようです。Kotlin 1.4.0のWhat’s newに説明がありました。

You no longer need to declare a dependency on the stdlib library in any Kotlin Gradle project

https://kotlinlang.org/docs/whatsnew14.html#dependency-on-the-standard-library-added-by-default

上記ページの説明によると、自分でdependenciesを記述しなくても、自動的に適したバージョンのライブラリの依存関係が追加されるそうです。

もちろん通常は記述していてもとくに問題はないのですが、既存プロジェクトのKotlin pluginのバージョンを更新したり、Gradleのバージョンを更新したりした際に、「Plugin version (1.5.10) is not the same as library version (1.5.0)」のような警告が出ることがあります。

実はこの警告は誤検出らしいのですが、警告が出ていると気になってしまうものですし、放置していると本当に必要な警告を見逃しかねません。そもそも不要な記述なら削除してしまいましょう。