Android StudioをArctic Foxに更新した

Android Studioを4.2.1からArctic Foxに更新しました。

バージョン番号について

今回からバージョン番号体系が新しくなりました。従来の4.x.xといった番号は表に出なくなり、動物名とIntelliJのバージョンを組み合わせた番号になりました。動物名はAから始まり、B、Cと順に増えていくようです。今回は初回なのでAで始まるArctic Fox(ホッキョクギツネ)、IntelliJのバージョンは2020.3、1回目のメジャーリリースなので1がついて、Arctic Fox | 2020.3.1ということです。ちなみに従来の番号体系では4.3.0に相当するそうです。

アップデートの影響

Kotlin

Kotlin pluginのバージョンも合わせて更新されました。1.5.21になりました。1.5.20との違いはバグフィックスとのことなので、利用上の大きな変更はなさそうです。

合わせて、kotlin-gradle-pluginのバージョンも変更します。

buildscript {
    ext.kotlin_version = "1.5.21"
    ...
    dependencies {
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
    }

テーマ

※2021/10/13追記。Patch2を試してみたら、修正されていました。Dark Purple Themeもまた使えるようになりました。

愛用していたDark Purple Themeがなぜか使えなくなりました。プラグインはインストールされているのに、Theme設定から選択できません。調べるとバグ報告されていました。その他のテーマもすべて使えなくなってしまっているようですね。ワークアラウンドも紹介されていますが、次のマイナーリリースで修正されるとのことですので、のんびり待ちたいと思います。というか久しぶりにDarculaを見ると、これはこれでアリだなと感じたので。

Android Gradle Plugin

Android Gradle Plugin (AGP) 7.0.0が使えるようになっていました。リリースノートによると、AGP 7.0に必要なJDK11はAndroid Studio Arctic Foxにバンドルされているようですし、そのほかに大きな問題になりそうな変更もなかったので、ついでに更新しました。

元が4.2.1を使っていたので、build.gradleの該当箇所にマウスを当てると4.2.2へのアップデートを勧められますが、

More actions…からInvoke Upgrade Assistant for upgrade to 7.0.0を選択し、

あとは画面の指示に従うとアップデートできました。

まとめ

Android StudioのバージョンをArctic Foxに更新しました。テーマを適用できなくなるバグは早く治るといいなと思います。